スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヒディンク監督 日本を酷評 


ヒディンク監督、日本を酷評

「韓国は日本よりも数段上」



「FIFAランキングこそ下だが、韓国(48位)の方が日本(46位)よりも数段上だ」

 2002年のFIFAワールドカップ(W杯)で韓国代表をベスト4に導いたフース・ヒディンク元監督(現ロシア代表監督)が、日本代表チームの体力・精神力不足を指摘し、韓国代表を日本代表よりも高く評価した。

 UEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグのアーセナル対CSKAモスクワのグループリーグ戦を観戦するためにロンドンを訪問中のヒディンク元監督は、日本メディアのインタビューに対し、「率直に言って、日本はまだ90分間戦い抜く体力や、試合をひっくり返すだけの精神力も備わっていない」と酷評した。

 ヒディンク元監督は続けて、「アジアでこれらを有しているのはオーストラリアと韓国だけ」とコメントし、自らが率いた両代表チームを持ち上げた。ヒディンク元監督の日本批評はさらに続いた。

 ヒディンク元監督は「個人の技能が低いため、組織で勝負するしかない。攻守の切り替えにも欠点が見られる」と指摘した。スポーツニッポンは3日、「ヒディンク監督が日本を痛烈に批評した」と報じた。

 オーストラリア代表を率いて今年のW杯ドイツ大会に出場したヒディンク元監督は、グループリーグでの日本戦の前に「韓国のために日本を打ち負かす」と宣言し、韓国のファンらを喜ばせた。実際、オーストラリアは後半戦で恐ろしいほどの底力を発揮し、日本に3対1で逆転勝ちをおさめた。

(スポーツ朝鮮/朝鮮日報JNSより引用)

日本のアイドル・芸能情報・お宝画像満載♪
スポンサーサイト

[ 2006/11/05 13:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
ブログ検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。